令和3年度事業の取り組み


かんがい排水事業(国営関連事業関係)

国営事業によるダム建設工事は昨年度で完了しましたが、今後もこのダム用水を受益地に配水するための関連工事を引き続き行っていきます。


大区画ほ場整備事業

本年度から『中鯖石南部地区』及び『山口地区』が新規地区として事業に着手します。これにより令和3年度は管内10地区でほ場整備事業が展開される事となります。


【促進費交付地区】

ほ場整備(経営体育成基盤整備)事業の完了地区には、工事後の農地を担い手が一定以上耕作、また集約する事により、事業期間中に借入を行った地元負担金の繰上償還に充当するための促進費が交付されます。
県予算の都合で複数年での分割交付とはなりますが、令和3年度は既に事業完了している下表2地区に交付される見込みです。なお昨年度に事業完了した『山室地区』は令和4年度からの交付となる見込みです。

中山間地域総合整備事業

ため池等整備事業

ため池の耐震性・豪雨時の安全性を向上させるため、新たに中通地内の4つのため池が事業に、畔屋地内の2つのため池が調査設計に着手します。また、長崎新田地内の大川堰では、老朽化が進む堰直下の河川護床工に着手します。

その他事業